〒950-0914 新潟県新潟市中央区紫竹山6-2-26
新潟駅南口から徒歩20分・車10分 駐車場:あり

  日祝
9:00~12:00 ×
15:00~18:00 × ×

△:第1第3水曜午後、第2第4水曜全日はお休み

選ばれる理由

選ばれる理由についてご紹介します。

在宅で行える無呼吸検査とCPAP療法、いびき、無呼吸治療

いびきと眠気のある方は、睡眠時無呼吸症候群が隠れていることが知られていて、これが様々な問題を引き起こします。

当院ではまず、費用の安い無呼吸の簡易検査を行い「あたり」をつけ、疾患が疑われる場合、精密なポリグラフ検査に進んでいただきます。

脳波や筋電図など含めて行う2次検査では、がっちり調べます。

口腔内の口蓋が下がっている人や鼻詰まり、鼻中隔彎曲、副鼻腔炎などがある方がいますので、鼻腔通気度検査も合わせて行い、必要な方は耳鼻科を受診していただきます。その結果をふまえて治療方針を決めます。

患者さんは、当院でのCPAP導入開始、すいみん医科歯科センター歯科部門である「こうの歯科」などに紹介させていただきマウスピース作成、マウスピース治療、鼻の治療などを行います。

定期的に通院していただき、経過を観察します。

HOT(在宅酸素)療法・在宅人工呼吸器療法

睡眠ポリグラフ(PSG)検査で夜間の呼吸状態を検査します。

酸素療法が必要な方は、行政の基準で「身体障害者3級以上」に該当します。当院の検査結果を基に、身体障害者手帳交付のための診断書を発行し、2〜3ヶ月後に身体障害者手帳の交付を受けます。

早急な酸素療法が必要な場合はこの限りではなく、治療開始を優先します。

酸素は安静時、労作時、夜間のそれぞれで設定が必要です。また人工呼吸器療法を併用した方がいい場合があるので、PSG検査を元に治療を検討します。

ナルコレプシー、過眠症の検査を行える稀少なクリニック

PSGと昼間のMSLTの両方の結果をみて、入眠潜時などの所見からナルコレプシー、特発性過眠症などの診断を行います。

CPAP療法を行っている方で眠気がとれない方がいて、「残遺眠気」といいますが、その様な方も診断することができます。

全ての検査が終了したら、ナルコレプシー、過眠症などの診断に応じて治療薬を選択するため、該当する方は西新潟中央病院を受診していただき、当該者は治療薬開始となります。

その後の経過観察通院は当院にてフォローアップさせていただきます。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
025-246-5600
受付時間
9:00~18:00
定休日
第1第3水曜午後、土曜午後、第2第4水曜、祝祭日、年末年始、夏季

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・予約

025-246-5600

<受付時間>
9:00~18:00
※第1第3水曜午後、土曜午後、第2第4水曜、祝祭日、年末年始、夏季は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/05
ホームページを公開しました
2022/07/04
「診療科目」ページを更新しました
2022/07/01
「当院概要」ページを作成しました

こばやし内科クリニック

住所

〒950-0914
新潟県新潟市
中央区紫竹山6-2-26

アクセス

新潟駅南口から徒歩20分・車10分
駐車場:あり

受付時間

9:00~18:00

定休日

第1第3水曜午後、土曜午後、
第2第4水曜、祝祭日、
年末年始、夏季