〒950-0914 新潟県新潟市中央区紫竹山6-2-26
新潟駅南口から徒歩20分・車10分 駐車場:あり

  日祝
9:00~12:00 ×
15:00~18:00 × ×

△:第1第3水曜午後、第2第4水曜全日はお休み

診療科目

当院の診療科目についてご紹介します。

無呼吸検査

最初に無呼吸の簡易検査を行います。軽症で経過観察可能な方でない場合や、健診で既に簡易検査を行った方は、full PSG、精密なポリグラフ検査を行います。

脳波や筋電図など含めてしっかり調べます。

鼻腔通気度検査で鼻腔の抵抗値が高い場合は、咽頭、喉頭、鼻腔観察のため耳鼻科を受診していただき、その結果をふまえて治療方針を決めます。

詳細はこちらへ

CPAP

CPAPは閉塞性睡眠時無呼吸症候群の場合に使用する機器で、鼻に鼻(または鼻口)マスクを当て、そこから流れてくる陽圧で喉の閉塞部位を風圧という形で押し広げるものです。

固定圧と自動変動圧がありますが、治療開始時は自動変動圧が殆どです。

CPAPについているモデムから電波を出し、検査センターにデータを自動的に送ってくれます。そのデータを我々がインターネットを通じて確認します。

その結果を再来時にお渡しし、内部データの評価を行っています。

詳細はこちらへ

HOT療法

酸素療法では安静時、労作時、夜間に応じて、医師が酸素量を設定します。

親機と子機があり、安静時や夜間は親機、労作時は子機を使用していただくことが多いです。

夜間は人工呼吸器に酸素を添加して使用していただく場合があります。酸素の親機を通じて自動モニタリングできる機器も使用されるようになりました。

定期通院はは毎月です。酸素を子機から吸入しながら、来院していただきます。

当院では診察、酸素飽和度、脈拍などチェックして、必要なお薬を継続していただいています。

詳細はこちらへ

睡眠潜時反復検査(MSLT)

MSLTとは、日中の眠気や入眠状態を客観的に評価する神経機能検査です。前日にPSGを行い、MSLTは朝8時30分迄に来院していただきます。

検査室ではfull PSGの検査機器を装着していただき、1回20分の検査と約2時間毎の休憩、即ち、9時、11時、13時、15時、17時まで合計5回行います。

検査と検査の間に居眠りをしないようにして貰います。1週間前からの睡眠日誌の記載、当日電子機器の使用制限、お茶やコーヒーなどのカフェインを摂取しないなどの注意事項があります。

詳細はこちらへ

いびき防止用マウスピース

PSG検査を行い、軽症の睡眠時無呼吸症候群で、いびきが気になり何とかしたいと考える方は、マウスピースの装着をお勧めしています。
すいみん医科歯科センター歯科部門のこうの歯科等に御紹介いたしますので、いびきを防止する目的でマウスピースを作っていただきます。
簡易な無呼吸検査で終わらずに、精密なfull PSG検査迄終えて確定診断をつけてからマウスピース作成の適応がある場合に作っていただいています。

詳細はこちらへ

CPAPとマウスピースの併用療法

CPAP治療を上手く進めるには、口が開かないようにする必要があります。

無呼吸の多くの方は既に鼻呼吸が出来なくなっていることが多いため、口輪筋のトレーニングや開口防止補助具としてマウスピースの作成をお願いする場合があります。

その方に合わせて作成するのが原則ですが、CPAPが十分出来るようになった場合、出張や旅行のときにCPAPの代わりにマウスピースを持って代用することができます。

CPAPの所見が改善した際は、マウスピースの使用頻度を増やしていただく治療に移行することが出来ます。

詳細はこちらへ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
025-246-5600
受付時間
9:00~18:00
定休日
第1第3水曜午後、土曜午後、第2第4水曜、祝祭日、年末年始、夏季

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・予約

025-246-5600

<受付時間>
9:00~18:00
※第1第3水曜午後、土曜午後、第2第4水曜、祝祭日、年末年始、夏季は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/05
ホームページを公開しました
2022/07/04
「診療科目」ページを更新しました
2022/07/01
「当院概要」ページを作成しました

こばやし内科クリニック

住所

〒950-0914
新潟県新潟市
中央区紫竹山6-2-26

アクセス

新潟駅南口から徒歩20分・車10分
駐車場:あり

受付時間

9:00~18:00

定休日

第1第3水曜午後、土曜午後、
第2第4水曜、祝祭日、
年末年始、夏季